日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 建設工学.土木工学 > 成果物情報

平成18年度沖ノ鳥島の維持再生に関する調査研究報告書

 事業名 海洋シンクタンク事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


平成18年度沖ノ鳥島の維持再生に関する調査研究報告書
 
目次
はじめに
 
研究メンバー
 
第一部 本年度活動概要
1. 事業の概要
(1) 背景
(2) 全体計画
(3) 本年度実施項目
 
2. 調査研究内容
(1) 沖ノ鳥島の維持再生に関する取り組み状況調査
(2) 島の地位及び管理方法に係る国際実行の比較研究
(3) アウトリーチ
 
3. 今後の課題
 
第二部 個別研究
1. 島・岩についての国際法制度
(林司宣)
2. 遠隔離島の管理政策―アメリカとフランスの最近の実行を題材に―
(加々美康彦)
3. 沖ノ鳥島再生のポテンシャル
(茅根創)
4. サンゴ礁洲島(沖ノ鳥島)の形成に必要な原材料
(藤田和彦)
5. The Pacific Island and the Relevance of the Okinotorishima Project
(Joeli Veitayaki )
 
参考:太平洋の島々と沖ノ鳥島プロジェクトの関連性(抄訳)
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get ADOBE READER」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6,573位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
420

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.日本とインドネシアとの海洋安全保障ダイアローグ報告書
2.平成18年度海洋教育の普及推進に関する調査研究報告書
3.海洋教育支援サイト
4.海まな
5.平成18年度全国閉鎖性海湾の「海の健康診断」調査報告書
6.平成18年度市民参加による沿岸域管理手法に関する調査報告書
7.海洋政策研究第3号
8.Ship & Ocean Newsletter No.136-159
9.人と海洋の共生をめざして 150人のオピニオンIII
10.Ship & Ocean Newsletter Selected Papers No.7
11.海洋問題入門 平成18年度海洋政策と海洋の持続可能な開発に関する調査研究?海洋管理教育に関する研究報告書?
12.平成18年度各国および国際社会の海洋政策の動向
13.平成18年度わが国における海洋政策の調査研究報告書?海洋基本法の制定に向けて?
14.平成18年度地域海事クラスターの構築に関する調査研究報告書
15.Indo-Japan Dialogue on Ocean Security
16.Indo-Japan Dialogue on Ocean Security - Joint Statement on Ocean Security Cooperation-
17.2007年度 改修による老人デイサービスセンターの整備
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から