日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本とインドネシアとの海洋安全保障ダイアローグ報告書

 事業名 海洋シンクタンク事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


日本とインドネシアとの海洋安全保障ダイアローグ報告書
 
目次
1 実施の概要
(1) 実施の日時・場所
(2) ダイアローグの趣旨
(3) ダイアローグの構成
(4) ダイアローグへの参加者
 
2 ダイアローグの概要
(1) オープニングセッション
(2) セッション1「地域における政治・経済・安全保障の現状」
(3) セッション2「治安・警備および防衛の態勢」
(4) セッション3「今後に向けて」
 
3 成果および所見
 
4 今後の方針
 
添付資料:第2回日本とインドネシアとの海洋安全保障ダイアローグ(東京ダイアローグ2007)発表資料ファイル
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get ADOBE READER」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,823位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
125

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.平成18年度海洋教育の普及推進に関する調査研究報告書
2.海洋教育支援サイト
3.海まな
4.平成18年度全国閉鎖性海湾の「海の健康診断」調査報告書
5.平成18年度市民参加による沿岸域管理手法に関する調査報告書
6.海洋政策研究第3号
7.Ship & Ocean Newsletter No.136-159
8.人と海洋の共生をめざして 150人のオピニオンIII
9.Ship & Ocean Newsletter Selected Papers No.7
10.海洋問題入門 平成18年度海洋政策と海洋の持続可能な開発に関する調査研究?海洋管理教育に関する研究報告書?
11.平成18年度各国および国際社会の海洋政策の動向
12.平成18年度わが国における海洋政策の調査研究報告書?海洋基本法の制定に向けて?
13.平成18年度地域海事クラスターの構築に関する調査研究報告書
14.平成18年度沖ノ鳥島の維持再生に関する調査研究報告書
15.Indo-Japan Dialogue on Ocean Security
16.Indo-Japan Dialogue on Ocean Security - Joint Statement on Ocean Security Cooperation-
17.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から